歴史的建造物の外壁防水として、極力風合いを変えずに確実に防水したいということで、透明塗膜防水
を施工することになりました。目地も濡れ色にならないように水性シーラーを使用し、トップコートも艶消で
良い仕上がりになったのではないかと思います。

continue reading.....